スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎打ちの順番

さてさて、今日は基礎打ちの話題です。
クラブではというか、学生の頃から基礎打ちは
ドロップから行ってて、何の疑問も感じませんでしが

↓によるとドライブからが良いそうです。
http://yaplog.jp/towabado/tb_ping/51

体の負担が少ないドライブから、ドロップで
中盤にヘアピン、最後にスマッシュ!
記事後半にある潮田選手の流れで行くと、
プッシュ~スマッシュは試してみた感じ、
受ける方も打つ方も良かったです。

みなさんも一度お試しあれ。


スポンサーサイト

ドライブ

ドライブは体の前で打つべし!

シャトルの回転

この前練習中にあがった話題。

ちょうど世界卓球をテレビで見てて、
卓球はすごい回転がかかってるけど
バドミントンには回転ってあるの?

シャトルもやっぱり回転してて、
それでまっすぐ飛びます。

特にカットを打つと普通の回転より
さらに回転します。

右利きの人が普通にカットを打つと、
通常の回転よりさらに回るのでシャトルが伸びる
感じがします。

逆にリバースカットを打つと、
逆回転になって、一旦回転が止まり
シャトルがストンと落ちるそうです。
左利きは普通のカットで逆回転がかかるので
有効だとか、、
俗に「クロスファイヤー」と呼ばれるらしい。

カット

普通にクリアを打つ場合は打つ瞬間にラケットの面は正面を
向く、つまり空手チョップ状態から90度手首を曲げた状態です。
通常のカットはそれを90度以下で当てる、
リバースは90度以上ひねって当てる。
それともうひとつ心がけるのは面は下向き、
上から下に打つ事。

心がけ

打点はより高く
タッチはより早く
重心はより低く
相手が打つ瞬間に集中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。